活動日誌

大会や日々の練習、射撃部で起こった出来事など、射撃部の活動をご報告いたします。

平成28年度 春季全関西学生ライフル射撃選手権大会
2016.05.27
5月13日(金)〜15日(日)に能勢町国体記念スポーツセンターにて春季全関西学生ライフル射撃選手権大会が行われました。
三日間とも天気に恵まれましたが、競技を行う上では非常に暑く感じました。



成績については、入賞者は以下の通りです。

個人
10mS60M 竹中 5位
10mAPS60MW 田上 3位
DPDS40M 田上 4位、高原 8位
DPDS40W 小川 6位

団体
50m3×40M 3位(北村、田島、竹中)
DPDS40M 2位(田上、高原、笹原)
DPDS40W 2位(植本、山口、小川)

今回は自己新記録を出した部員が多く、来月にある学生西日本大会では好成績を残せることを期待しております。
初の総合団体では4位であり良いスタートを切れたかと思いますので、次は入賞できるよう部員一同練習に励みます。



また、今大会では全国で初めて音楽を流しながらのFINALが行われました。FINAL出場者は、音楽に気を取られ集中し辛かったとのことなので、今後のFINAL練習などでの課題にしたいと思います。ギャラリーとしてはかなり盛り上がり、楽しみながら応援をすることができました。



最後となりましたが、大会期間中に下田部長、奥村監督にお忙しい中お越し頂き、ご指導頂きました。
本当にありがとうございました。




副将 平井

平成28年度 近畿ライフル射撃選手権大会(大橋杯)
2016.05.27
2016年5月22日、大阪府能勢町国体記念スポーツセンター射撃場にて、平成28年度近畿ライフル射撃選手権大会(大橋杯)が開催されました。
我が部からは4回生植本、3回生山口裕樹、2回生小川の3名が出場しました。
また、役員として4回生田上も参加していました。

当日は晴天で気温が高かったこともあり、10m射場はとても暑くなっていました。
春関と比べても蒸し暑さが増しており、夏の訪れを感じました。

本大会は、一般の選手は国体予選として出場される方も多く、大変レベルの高いものとなっており、良い刺激を受けられたと思います。

次に部全体として出場する大会は学生西日本大会ですので、それまでに暑さの中でも平常通りの射撃を行えるように練習していきたいです。

最後となりましたが、今大会に髙橋相談役、安齋コーチ、松田コーチ、谷口先輩がお越しになられ、ご指導して頂きました。
ありがとうございました。



二回生 小川

平成28年度春季ライフル・ピストル 射撃競技・広島大会
2016.05.07


4月29日から5月1日まで広島県つつがライフル射撃場に於きまして平成28年度春季ライフル・ピストル
射撃競技・広島大会が執り行われました。
当部からは3回生の田島が出場し、50mP60M及び50m3×40Mに出場致しました。
広島に到着して直ぐ50mP60Mの試合に参加しましたが、長距離の移動による疲労や、初の公式戦であった為、自己のベストを発揮出来ず口惜しいスタートを切る事となってしまいました。

翌日は50m3×40Mに出場しました。前日の反省や当日の準備が上手くいった為か、自己のパフォーマンスを最大限発揮する事が出来、自己ベストの更新及び事前に定めていた目標を達成する事が出来ました。
同日に50m3×40Mのファイナル(決勝戦)に出場する事が出来ました。
3姿勢戦のファイナルに於いては短い時間の中で姿勢を転換し試射を行う為の技術を求められます。事前にイメージトレーニングは行ったのですが、やはりファイナルという場での緊張感や焦りで思うような射撃が出来ず、8位脱落と悔しさが残るものとなってしまいました。

しかしながら、春関前にこのような緊張感のある中での試合、またファイナルに出場するという貴重な体験が出来、自分の射撃の引き出しを大いに増やし、モチベーションを高め、有意義な遠征になったと感じました。

更に今回の遠征に於いては自分の他に大阪商業大学の辰巳、関西学院大学の伊藤先輩、同志社大学の海老名先輩、立命館大学の奥村先輩との合同で出場、行動しました。このような他校の射手と時には協力し、時には高め合いながら切磋琢磨する。という経験をこれからも折りに触れて行いたいと感じました。

最後となりますが、当日大熊コーチにご指導賜りました。この場を借りて再度御礼申し上げます。ありがとうございました。
(3回生 田島)

平成28年度全国春季ピストル射撃競技大会(10m)
2016.04.28

平成28年4月23日~24日、埼玉県長瀞射撃場にて、平成28年度全国春季ピストル射撃競技大会(10m)が行われました。京都産業大学からは、4回生の田上がAP60Mで出場しました。

今回は、同志社大学の主将海老名さんと2名で、長瀞へ向かいました。
射撃の結果としましては、点数が落ちたという訳ではありませんでしたが、あまり向上も見られず、まだまだ訓練が必要だと感じさせられました。

今後も、ピストルの大会は何度か参加したいと思っております。

4回生 田上

ページのトップへ戻る

- CafeNote -