活動日誌

大会や日々の練習、射撃部で起こった出来事など、射撃部の活動をご報告いたします。

第12回日本学生選抜ライフル射撃選手権大会
2016.07.06


平成28年7月2日~3日、大阪府能勢町国体記念スポーツセンター射撃場にて、第12回日本学生選抜ライフル射撃選手権大会が開催されました。当部からは、AP60M種目で4回生の田上が出場しました。学生試合では、今年から全日本大会(今回の選抜大会、および10月の全日本選手権《インカレ》)でもエアピストル(AP)種目が導入されるようになり、学生がよりエアピストルを強化しやすい体制となっています。


さて、試合当日の会場は、非常に蒸し暑くなっておりました。

射撃前半はいつも通りのペースで撃てていましたが、暑さ対策を怠っていたことなどが原因で、だんだんと集中ができなくなってしまいました。結果として、後半はペースが乱れ、だんだんと順位が下がっていき、合計532点となりました。

ひとまず、今年度の前半シーズンは終了となります。次のインカレでは、このようなもったいない失敗をしないように頑張りたいと思います。

4回生 田上

第27回西日本学生ライフル射撃選手権大会
2016.06.23
去る6月16日(木)〜6月19日(日)にかけて能勢町国体記念スポーツセンターにて西日本学生ライフル射撃選手権大会が行われました。

今回の大会は雨と晴れが交互に訪れるような天候の為気温差が大きく湿度の高い環境で射撃を行うことになりました。


今大会の入賞者につきましては、以下の通りです。

個人
10mS60M 川田 7位
10mBPDS40M 高原 5位
10mBPDS40W 山口 6位 植本 7位

団体
総合団体 準優勝
50m3×40M(北村 田島 竹中)3位
10mBPDS40M(高原 笹原 辻)3位
10mBPDS40W(植本 山口 小川)2位


総合団体では近年無かった入賞を果たし、SB種目やデジタルピストル競技において団体入賞など結果を出せたことを非常に嬉しく思います。
又、4名もの個人入賞などもあり今後にも期待のできる結果だと思います。

さらに、個人入賞には至らなかったもののあと一歩のところでファイナル出場を逃した部員もいたため今後にも期待できる結果を出せたと思います。

一方で1名DSQを出してしまう事態にもなりました。
また、AR種目での入賞が無いことや実力を十分に発揮出来無かった部員もいるなど今後も練習や合宿を通してを実力の向上が必要であることを痛感しました。

さて、今後の予定としては、7月16日に新入生歓迎の宴を行います。
又、8月22日から愛知県で合宿を予定しており秋関に向けて実力の向上を図りたいと思います。

秋関ではさらに良い結果を残すことができるように精進して参ります。

最後となりましたが、今大会期間中に松田コーチにお越しいただきました。
お忙しい中、お越し頂き本当に有難うございました。


主将 高原

平成28年度第3回全国学生・生徒エアピストル射撃競技大会
2016.05.31

平成28年5月29日、大阪府能勢町国体記念スポーツセンター射撃場にて、平成28年度第3回全国学生・生徒エアピストル射撃競技大会が行われました。
京都産業大学からは、4回生の田上が選手および競技役員として参加しました。

AP60M種目へ出場しましたが、前日までの疲労もあったせいか、射撃の結果は決して良いものではありませんでした。
普段の点数を撃っていればファイナル出場の可能性も十分にあったため、悔やまれます。

今後も数週間おきに試合が続きますが、学業との兼ね合いで練習できる機会も少ないため、
限られた時間を無駄にしないよう頑張ってまいります。

4回生 田上

平成28年度 春季全関西学生ライフル射撃選手権大会
2016.05.27
5月13日(金)〜15日(日)に能勢町国体記念スポーツセンターにて春季全関西学生ライフル射撃選手権大会が行われました。
三日間とも天気に恵まれましたが、競技を行う上では非常に暑く感じました。



成績については、入賞者は以下の通りです。

個人
10mS60M 竹中 5位
10mAPS60MW 田上 3位
DPDS40M 田上 4位、高原 8位
DPDS40W 小川 6位

団体
50m3×40M 3位(北村、田島、竹中)
DPDS40M 2位(田上、高原、笹原)
DPDS40W 2位(植本、山口、小川)

今回は自己新記録を出した部員が多く、来月にある学生西日本大会では好成績を残せることを期待しております。
初の総合団体では4位であり良いスタートを切れたかと思いますので、次は入賞できるよう部員一同練習に励みます。



また、今大会では全国で初めて音楽を流しながらのFINALが行われました。FINAL出場者は、音楽に気を取られ集中し辛かったとのことなので、今後のFINAL練習などでの課題にしたいと思います。ギャラリーとしてはかなり盛り上がり、楽しみながら応援をすることができました。



最後となりましたが、大会期間中に下田部長、奥村監督にお忙しい中お越し頂き、ご指導頂きました。
本当にありがとうございました。




副将 平井

ページのトップへ戻る

- CafeNote -